高血圧の人はアダラートを処方出来る駅前の病院を確認

高血圧症を抱えているときには、血管に高い圧力がかかることから大きな負担となります。血管の状態が悪化することによって、心筋梗塞や脳卒中の原因となることが知られていますし、高血圧によって動脈硬化が進行して、心臓に栄養素を運ぶ役割の血管が細くなってしまい、心臓の細胞へ十分な栄養素が供給されなくなります。心臓への栄養素が少なくなると、胸に激痛が生じることがあり、この病気のことを狭心症と言います。これらの高血圧や狭心症の治療薬として知られているものに、ニフェジピンがあり、商品名としてはアダラートとして販売されています。
アダラートは、カルシウム拮抗薬という種類の医薬品に該当します。血管が収縮してしまう原因としてカルシウムが関係しており、血管にはカルシウムの流入を促す受容体が存在していますが、カルシウムが血管内に入ってくることで収縮されます。このような作用があることから、カルシウムが血管内に入ってくることで血管が収縮されることになり、それによって血圧が高まることに繋がります。カルシウムの流入を促す受容体の作用を阻害する効果のある医薬品がアダラートで、カルシウムの作用を拮抗することによって高血圧や狭心症を治療することができます。副作用を減少させて、血圧降下の作用を穏やかにすることで1日1回の服用で効果が得られるように改良された、アダラートCRについても開発されています。
アダラートは認知度の高い医薬品と言えますので、様々な病院で取り扱われています。そのために高血圧症を抱えている患者にとっては、駅の近くでアダラートの処方が受けられる病院の情報を得ておくことは大切な行為と言えます。事前に万が一の事態に備える形で、駅の近くにある病院を確認しておいて、血圧が高くなったときにはアダラートを処方してもらうことがおすすめです。