アーカイブ | 6月 2016

  • アダラートを飲むべき血圧値

    アダラートは高血圧の人のための血圧降下剤の一種であり、高血圧というのは上が140mmHg、下が90mmHg以上である場合の事を示しています。高血圧というのは血管に強い圧力がかかっている状態であり、一時的であればそれほど心配をする事は無いですが、日常的に高血圧である場合は動脈硬化を起こして血管が硬くなってもろくなります。さらにその状態を放置していると血栓が出来やすくなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になるなど、様々な合併症を引き起こす可能性が高くなります。また、高血圧の状態は自覚症状が現れにくいので小まめに健康診断を受けて早期に対処する事が大切となります。アダラートは血圧を下げるので高血圧の方には有効であり、高血圧とみなされる血圧値は最初にも述べた通りですが、だからといってその値を超えている場合はすぐにアダラートを服用した方が良いという訳では無いです。通常は医師の診断でアダラートは処方されますので医師の指示のもとに服用するのであれば良いのですが、最近はネット通販でも手に入れる事が出来るようになっているので、ネット通販で手に入れる人は注意しなくてはならないです。医師の指示なしに自分で判断して薬を服用するのは非常に危険なので、単純に血圧値だけを見て判断せずに医師に相談した方が良いです。また、血圧は季節やその時の状態によっても変動していますが、高血圧の値で無くなったからと言って勝手に薬の服用を止めるのも良くないです。何か薬を服用する事によって明らかな異常が見られるのであれば話は別ですが、そうで無いのであればまずは医師に相談するようにした方が良いです。血圧値を測って自己判断で服用するかどうかを決めるのは避けるべきです。